株式会社リケン

IR情報

トップメッセージ

株式会社リケン 代表取締役社長兼最高執行責任者(COO)伊藤 薫

株主の皆様には、平素より格別のご支援、ご高配を賜り、厚くお礼申しあげます。
さて、当社は2020年3月31日をもって第96期の決算を終了しましたので、ここに第96期事業の概況についてご報告申しあげます。

当連結会計年度(日本、インド 4月~3月、それ以外は1~12月)における世界経済は、米国は比較的底堅かったものの、欧州は年度末にかけて一段と減速し、米中貿易摩擦の影響を受けた中国や自動車販売が不振のインドなども成長が鈍化しました。わが国経済も年度前半は順調でしたが、第3四半期は消費増税の影響、第4四半期は新型コロナウイルス感染症の影響により景気にブレーキがかかりました。
当社グループと関連の深い自動車産業の自動車生産台数は、中国が前年度比約2百万台、インドが約1百万台生産減になるなど大幅減となり、米国、欧州も前年度比減少となりました。日本も約3%の生産減となりました。
このような状況のなか、当連結会計年度における当社グループ売上高は、アジアをはじめ世界各国の自動車生産台数減少が響き84,530百万円(前期比6.5%減)となりました。
利益面では、合理化の積み上げや労務費・経費などのコスト削減を進めましたが、売上減に伴う利益の減少や為替の影響もあり、営業利益は5,234百万円(前期比24.4%減)、経常利益は5,964百万円(前期比24.1%減)となり、親会社株主に帰属する純利益は3,517百万円(前期比29.4%減)となりました。
期末配当につきましては、最近の業績および配当性向などを総合的に勘案し、1株当たり70円を2020年6月29日よりお支払させていただきます。

株主の皆様におかれましては、今後とも格別のご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。

2020年6月
代表取締役会長 兼 CEO 伊藤 薫

  • 尚、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、一部海外関係会社にて決算業務及び監査業務に遅れが生じております。今回発表しましたリケングループ決算は会計監査人による監査前であり、監査後の確定決算は7月下旬に発表予定となります。